スポーツクライミングとはどんな競技?ルールや見どころが知りたい!

こんにちは~♪

さて、今回注目したいのは、
2020年東京オリンピックで正式種目
なったスポーツクライミングです!

うんうん、
デコボコの壁を登ってる。

でもこれってボルダリングとは
違うのかな??

スポーツクライミングと
一体なにが違うの??

「スポーツクライミング」自体が
新しい言葉なので、戸惑いますね(;’∀’)
ボルダリングはスポーツクライミングの
一つと言っていいです。

オリンピックの新しい種目、
スポーツクライミングを知って
競技を楽しみましょう!!

スポンサーリンク

スポーツクライミングの競技ルールを教えて!

さて、オリンピック正式種目となる
スポーツクライミングのルールです。

スポーツクライミングは三種目の
複合競技となっていて、
「スピード」
「ボルダリング」
「リード」
の合計点で順位が決まります!

で、それぞれがどんな競技なのかと
いいますと・・・

スピード

2人の選手が同時に15メートルの壁を
登りタイムを競います。

優勝するトップの選手だと
6秒でゴールしちゃうそうです。

フライングすると一発で失格!!

ボルダリング

4メートルの高さの複数の壁を
いくつクリア出来たかを競います。

制限時間は4分間

途中で落下しても再トライOK!

トップのホールド(壁に付いたボコボコです)を
両手でつかんでクリアです。

リード

15メートルを超える高さの壁を登り、
どの地点まで登ったかを競います。

リードに限り安全確保のための、
ロープを装備します。

クイックドローという器具にロープを
掛けながら登り、トップのクイックドローに
ロープを掛けたらゴールです。

制限時間は6分間

落下すると制限時間内であっても
その到達地点が記録となり、
再トライは出来ません。

到達地点が重なった場合は、
タイムの速い方が上位となります。

以上の3種目での獲得点数の
合計で順位が決まるんですね!

スポーツクライミングの面白さや見どころは?

う~ん、スパイダーマンのように
壁を登る選手を見るのは面白いのか!?

いや、実写スパイダーマンを見ている
気分になるから面白いのかも!!

15メートルの壁登り競争のスピードは、
男子だと5~6秒、
女子でも7~8秒で登り切るそうです。

壁に吸い付くように駆けあがって
行くのでしょうね!!

よっぽどの瞬発力が必要です!

壁に付いている無数のホールドは、
その大きさが大小さまざま。

両手でも抱えきれないくらいのものから、
小さいサイズだと片足のつま先を掛けるので
精いっぱいのものも。

筋力や柔軟性が必要なのはもちろんですが、
何よりも登り進めるコースを読む頭脳
要になるんじゃないかなと思います!!

リードにいたっては、
少しでも高い到達地点を目指す
持久力も求められますからね。

これは登り切る頃にはアタマも
クタクタになっちゃいますね。

見ている側としては、
選手一人一人がコースをどう
攻略するのか注目すると面白そう!

スポンサーリンク

日本人メダリスト誕生か?スポーツクライミング有力選手たち!

果たして、スポーツクライミングで
日本勢はメダルを獲得出来るのでしょうか!?

ワールドカップの成績を見ても、
上位にあるある、日本人選手の名前!!

男子は、楢崎智亜選手が2017年の
スポーツクライミングのW杯で
優勝しております!

楢崎選手は明智さんという弟がいて
兄弟でクライマー選手としてトップレベルで
活躍しているんですね。

楢崎明智選手は2018年の
世界ジュニアでボルダリング決勝で
優勝している強者です!

東京五輪では兄弟でワンツーフィニッシュも
あり得るかもです!!

女子はミュンヘンで行われた
2018年ボルダリングW杯を終え、
野中生萌選手間ランキング1位です!

2位には野口啓代選手が!

日本の選手がこんなに世界で
活躍しているとは知りませんでした~

でも、オリンピックでは先述の通り、
3種目複合の競技です。

1人で3種目をこなす必要があり、
メダルを狙うにはそれぞれで上位に
食い込まなければなりません。

きっと体操のように選手によって
得意・不得意分野が分かれるところですね。

まずは、オリンピック代表になるために
皆さん集中しないとなりませんね!

ボルダリング大国の日本ですから、
どんどん有能な選手が出てくるでしょう。

誰が代表に選ばれるのかも、
注目していたいですね!!

さいごに

最後に選手の名前を出しましたが…

どうやって読むのかワカラナイ!!ww

楢崎智亜(ならさき ともあ)
楢崎明智(ならさき めいち)
野中生萌(のなか みほ)
野口啓代(のぐち あきよ)

というお名前なのです!

みんな平成生まれだもんなぁ(;’∀’)

この中からメダリストが出るのでしょうか!

最後まで読んで頂き有難うございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする