書類送検とは逮捕と違うの?豊田真由子元議員は前科者になるのか!?

こんにちは~♪

「このハゲ~!!!」
で一躍有名になってしまいました、
豊田真由子元議員が秘書への暴行容疑で
書類送検されたというニュースです!

10月22日の衆議院選挙では、無所属で
出馬したものの落選という結果に終わりましたね。

選挙落選で落ち込んでいるであろう時に
書類送検とは、まさに泣きっ面に蜂!!

・・・書類送検ってよく聞きますけど、
逮捕されたのとは違うんでしょうか?

豊田真由子氏は前科持ちになるんでしょうか?

スポンサーリンク

豊田真由子元議員が書類送検された!

豊田真由子氏が書類送検されたということで、
その容疑というのが傷害と暴行です。

当時の政策秘書であった50代の男性が
車を運転している際に車内で男性の頭を
殴るなどしてケガを負わせたということですね。

密かに録音された車内での会話のやりとりが
連日テレビで放送されていましたけど、
あのヒステリックな感じが聞いてるだけでも
辛かったですよね。

車という密室空間の中であんなギャーギャー
騒がれて、しかも頭をボコボコ殴られちゃ
黙ってはいられんですね!

暴力行為について豊田真由子氏は、
手をあげたことは認めているものの
頭を殴ったのではなく肩を叩いた
という説明をしています。

確かに、公開されたのは音だけですので
映像が残っていないとなると頭は殴っていない
という説明は通るのかもしれません。

しかし、被害者である元秘書の男性ご本人が
頭を殴られたと訴えていますからね。

真実を暴こうと録音するところにまで
至っていますから、豊田真由子氏の主張は
通らない気もします。

書類送検で前科持ちになる?逮捕との違い!

さて、書類送検と聞いて何を思い浮かべるでしょう!

前科?逮捕?

まず刑事事件においては、事件の被疑者の身柄を
拘束する必要があるのか無いのか問われます。

拘束するのは被疑者が逃亡したり証拠隠滅をする
おそれがある場合です。

拘束された場合は48時間以内に身柄を
検察庁へ送られることになっています。

この身柄を確保されてから検察庁へ送られる
ところまでを「逮捕」と呼んでいます。

今回の豊田真由子氏の書類送検は、
逃亡や証拠隠滅のおそれがないと判断され
身柄以外の捜査書類がのみが検察庁へ
送られたということなのです。

その後、事件について起訴となるのか、
不起訴となるのかの判断が検察官に
委ねられるワケですね。

もしも、起訴されてしまえば裁判に
かけられることになります。

そうなると有罪となるのはほぼ確定と
言ってもいいそうですね。

そうなれば「前がついてしまうわけです。

ですから、書類送検、逮捕、前科というのは
それぞれ別次元で使われる言葉なんですね。

書類送検=逮捕 ではないのです。

スポンサーリンク

豊田真由子が起訴され懲役刑となる可能性は?

こればっかりは検察官の判断決まるわけですが、
起訴されるんですかね~。

不起訴になるには、
・(そもそも)罪を犯していない
罪を犯した決定的証拠が無い

という理由が必要です。

そして現在の日本の刑事司法では、
不起訴になるケースで最も多いのが
起訴猶予と言われています。

起訴猶予というのは、罪は犯してはいるものの、
深く反省をしている再犯の恐れが無い
などの理由で判断されます。

実際に起訴猶予された有名人のケース↓↓

コカイン所持・使用で逮捕された高部あい

豊田真由子氏に頭を殴られたと訴えている
元秘書の男性は「暴力を認めて謝ってほしい」と
言っているようですので、
そのうち豊田氏は謝るんじゃないでしょうかね。

そして起訴猶予で終わるのでは?と予想します。

まとめ

書類送検とは、身柄確保を伴わず、
文字通り捜査書類だけが検察庁へ送致
されること

ということでした。

だからと言って、軽い処分で終わる
と考えるのは間違いです。

検察官の捜査の結果、起訴され最終的には
罰金が科せられたり、懲役刑を言い渡される
ケースだってあるのです!!

遅かれ早かれ、豊田真由子氏のニュースが
また流れるんでしょうね。

同じ女性として思いましたが、
あんなヒステリックになっちゃいけませんね。
人の振り見て我が振り直せです。

最後まで読んで頂き有難うございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする