新小1に机は買わないでOK!?必要派・不要派・我が家の場合

こんにちは~♪

我が家の長男が小学校へ入学して
2週間が経ちました~。

よく言われる「小1の壁」ですが、
今のところ私としてはそんなに高い壁には
感じていません。

とは言っても保育園との違いは色々あり、
前日にランドセルの中身をチェックしたり、
帰宅後は学校からもらったお知らせプリントに
目を通したり、それなりに親としても緊張感は
ありますね。

ランドセルはじいじ&ばあばから頂いた
お祝いで購入し、鉛筆やら筆箱は息子の大好きな
キャラクターのもので揃えていましたが、
まだ用意していないものがあります。

学習机でございます!

なんでも子供部屋で勉強するよりも
親の目の届くところでの学習、いわゆる
「リビング学習」の方が子供にとっては
良いということをテレビなどで聞いたわけです。

有名私立中学に合格する子供の多くが
リビング(というかダイニングの方が正しい!?)で
勉強していたというのを私も見まして、
我が家もそうしよう!と机の購入については
考えていませんでした。

が、やっぱり必要なのかなぁと考え始めた最近です。

スポンサーリンク

【学習机】必要ない派の意見

学習机不要派の意見としては、

  • 高額である
  • 勉強に使っていない
  • 場所を取る
  • リビング学習だと親が勉強を見られる

といった意見が多いです。

確かに、今の学習机って高くて私なんかは
目玉が飛び出そうです。

4万も5万もするのはチョット…

子供に机を買い与えた友人からの話を聞いても、
結局は物置き、いやゴミ溜めになっている
と嘆いていたので、大金はたいて買っても
悲しくなっちゃいますね。

そして我が家は賃貸アパート

狭いんです!

「大きいお家に住みたーい!」と言う子供たち。
それはママも同じです~~~(´Д`)

子供部屋があるなら気兼ねなく置けるのでしょうが、
あの立派な学習机を置くスペースの確保はキビシイ!

そもそも小学校に入りたての子供が、
1人で机に向かって宿題を出来るのか!?ってところですよね。

しばらくは親が勉強を見てあげる必要がありますし、
ウチの場合も私が夕飯の準備をしている間に子供が
テーブルに向かって平仮名の練習をする、という
スタイルなのです。

【学習机】必要!派の意見

いやいや、机は要るよ!という意見は、

  • ダイニングテーブルの高さが勉強に適していない
  • 勉強する場所・食事をする場所を区別するべき
  • 自分の机を持つことで学ぶ自覚が芽生える
  • 整理整頓の習慣付け

確かにダイニングテーブルって高さがありますが、
椅子にクッションを置くなりでカバー出来そう!

でも油断すると、宿題プリントに醤油や
コーヒーのシミがついてしまうかも。

自分の子供には机を買っていませんが、
私自身は入学前に祖母に買って貰いました。

マイデスク!

すごく嬉しかったのを覚えています。

自分だけのスペースが出来た!
いわゆる「城」が出来るわけです。

そして自分だけの部屋が無くても自分の机を
持つことで整理整頓のクセを付けさせる
という効果も狙えるということです。

私自身も机はあっという間に学校からの
配布物で山になって、ゴミ溜め状態になり
これはヤバイと思いながらせっせと片づける、
の繰り返しだったと記憶しています。

スポンサーリンク

【学習机】当ブログ管理人の意見

小学校に入学した子供がいる我が家の机事情。

ウチの子もリビング学習させるし、
どうせ高額な立派なのを買っても
使ってもらえないならムダだし。

買わないぞ!

と決め込んでいました。

が、ちょっとした問題が発生しました。

教科書を置くスペースが無いのです。

本棚にスペースを作ろうと思えば作れそうですが、
教科書置き場、時間割を貼っている場所、
鉛筆削りがある場所、これらが今のところバラバラです。

これだと前日に登校準備をするときに効率がとても
悪いですよね。

机は要らないの?としきりに気にしていた主人も
この状況を見て「やっぱり買ってあげようよ!」と
言っております。

ということで、現在は机の準備に向けて色々と
考えているのです!

家具屋さんにあるような高額なものではなく、
子供に適したサイズで、本棚があって、手元を照らす
照明があるシンプルな造りの机を用意しようと思っています。

器用な人はカラーボックスで手作りしていますが、
参考にしながら私も挑戦するのもアリかな~なんて
考えてもいます。

不要になった時にはカラーボックスなら他の用途でも
活躍できるアイテムですよね。

小学校高学年以降など本格的に勉強するようになった頃に、
必要なら改めてしっかりとした机の購入を考えるのでも
良いのかなと思いました。

教科書や学校で使う道具を置く場所を確保しつつ、
子供に自分のスペースを与えて整理整頓の習慣付けを
目的として机を用意すべき、という結論に至りました。

それまでは、宿題などは私もフォローしながら
ダイニングテーブルでやってもらうつもりです。

おわりに

もう30年近く前になりますが(涙)、
自分の机が届いたときのことを今でも
覚えています。

何よりショックだったのが、のび太の机のように
引き出しがタイムマシンではないという現実を
突き付けられた事でした。

どんだけ頭の中ドラえもんワールドなんだ!?
って話でとてもお恥ずかしいです。

その机は高校を卒業してからも使っていましたが、
引っ越しを機に大型ごみとして捨てました。

13年くらいは使っていたことになります。

4万円、5万円する高い机でも10年以上もつなら
決して無駄な買い物ではないのかもしれませんね。

よ~く考えながら、早めに我が子に自分の「城」
与えたいなぁ~と思います。

最後まで読んで頂き有難うございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする