岡村靖幸の逮捕歴3回!DAOKOとのコラボで魅せるダンスと音楽!

こんにちは~♪

岡村ちゃんと聞いて思い浮かべるのは、
ナイナイの岡村さん!って人が多いとは
思いますが、今日は音楽プロデューサーの
岡村靖幸さんに注目します!

アラサーのワタシは岡村靖幸さんのことは
知らなかったのですが、知り合いのねぇさんが
大大大ファンということで、
チョット気になってました。

そして、これまたワタシが注目している
女性アーティストDAOKOさんとの
コラボ曲が発表されたということです!!

DAOKOに関する記事↓↓
DAOKO×Mステ

こりゃ目が離せない!!

が、岡村靖幸さんは覚せい剤で
逮捕されたことがあると知って
オドロキです!!

スポンサーリンク

DAOKOとのコラボ「ステップアップLOVE」

まず、DAOKO×岡村靖幸の
「ステップアップLOVE」
聴いてみましょうか!

まず、あのダンスが独特ですね~。

とても52歳とは思えないキレッキレダンス!!

DAOKOさんが岡村靖幸さんの
ファンであったのがきっかけでコラボが
実現したそうです。

作曲とアレンジは岡村靖幸さん、
作詞は2人の共作ということで
出来上がった楽曲となっていますよ。

弱冠ハタチの若いラッパーが、
ずっと岡村ちゃんのファンだったって
一体どのルートで知ったんでしょう!!

1986年のデビューから30年以上の
時を経ても若者から支持されているって
なかなか珍しいアーティストですよね。

岡村靖幸ってどんな人?親友はナントあの方です!!

岡村靖幸さんの簡単なプロフィールです!

岡村靖幸(おかむら・やすゆき)
1965年8月14日生まれ
兵庫県出身
ダンサー
シンガーソングライター
音楽プロデューサー

中学生の時にオリジナルで作った曲を
披露したのをきっかけに、高校生になってからは
楽曲制作にどんどんハマっていきました。

でも高校は3年生の時に辞めてしまいました。

勉強よりも受験よりも音楽に
夢中だったんでしょうね~。

その音楽の才能は相当のもので、
19歳で作曲家としてデビューしました!

岡村靖幸さんが楽曲提供をしたアーティストが、
渡辺美里、鈴木雅之、吉川晃司などなど、
当時の超人気アーティストです!!

そして楽曲制作もしながら21歳の時には
シンガーとしてもデビューしました。

シンガーとしてのデビューは、
とあるプロデューサーが岡村靖幸さんの
ダンスを見てデビューを勧めたのが
きっかけなんだそうですね。

確かにあの独特のダンスを
裏方に隠しておくのはもったいない!

さて、シンガーとしての活動も始めた
岡村靖幸さんが共演したアーティストは、
渡辺美里、TM NETWORK、尾崎豊、、、

と、何故ワタシは岡村靖幸さんだけ知らないんだ!?
と不思議なくらい超有名アーティストと
ステージに立っていたんですね!!

そして、岡村靖幸さんの大親友は
なんと尾崎豊さんなんです!!

2人は吉川晃司さんも交えてしょっちゅう
一緒に飲んでいたみたいですね。

メンツが豪華すぎ!!

が、尾崎豊さんが亡くなった今
実現することの無い席なのかと思うと
なんだか悲しいですね。

スポンサーリンク

岡村靖幸と覚せい剤のハナシ

そしてショックだったのが、岡村靖幸さんが
覚せい剤で逮捕歴があるという事です。

しかも今までに3回も・・・

2003年に覚せい剤所持と使用で逮捕。
懲役2年執行猶予3年を言い渡され、
デビュー以来所属していた事務所を離れます。

2005年に2回目の逮捕、しかも執行猶予中!

もちろん猶予は取り消し。
1年半の実刑判決でした。

3回目は2008年、覚せい剤所持で逮捕です。
懲役2年の実刑判決を受けました。

2度あることは3度あるのか、
いやいや、これが覚せい剤の恐ろしさですね。

きっと今でも覚せい剤に手を出したい衝動と
戦っているのでしょう。

2回目、3回目にに逮捕されて実刑判決を受けても
出所するとイベントがあったり、ツアーをしたり、
ファンクラブも復活して、楽曲提供もして、、、

クスリで何度逮捕されても需要があるって
どんだけ音楽の才能があるんですか!!

周囲の人は裏切られた気持ちもあったでしょうに、
岡村靖幸さんに何度も与えれる再起のチャンス。

4度目の逮捕のニュースを聞くことが
無い事を祈りたいですね。

まとめ

You Tube のコメントを見てみると、

岡村ちゃん、カッコイイ!!

中毒性がヤバい!!

岡村ちゃん天才!!

奇跡の52歳!!

などなど、岡村ちゃんの人気っぷりが
スゴイですね~。

また、女子から見た岡村ちゃんは
エロかっこいい!!と大評判です。

あのメガネがポイントなんだとか!ww

さて~ワタシも岡村ちゃんワールドに
夜な夜な浸ってみるとします。。。

最後まで読んで頂き有難うございました!

スポンサーリンク