<トイ・ストーリー4>ネタバレあり感想と衝撃のラストを語っちゃう!

はい(^^♪

トイ・ストーリー4を観にいってきました!

第一作目が公開されたのが1996年

あの頃、中学生だったワタシ・・・
そのトイ・ストーリーの新作を
自分の子供と一緒に観るなんて
なんと感慨深いことでしょうか

映画は一作目が大ヒットしても
二作目以降はイマイチ!!

というのがワタシの勝手な考えですが
トイ・ストーリーについては例外だと思ってます!

そして今回のトイ・ストーリー4も
期待外れとなることなくワタシは
存分に感動させてもらいました!!

ってことで
ネタバレな内容にはなりますが
感想をつらつら述べたいと思います

これから観にいくという方、
結末は知りたくないという方は
読み進めないようお願いいたします<(_ _)>

スポンサーリンク

ボー・ピープ復活!3に出ていなかった理由が明らかに!

トイ・ストーリーのファンなら
新作公開のCMを見てあっ!と
気付いた人も多いかもしれません

羊飼いのボーがいる~!!

ボーはトイ・ストーリー1、2までは
登場していましたが、
3には出ていませんでした

ただのフェードアウトだと誰もが
思っていたでしょうが、
トイ・ストーリー4でその理由が
ハッキリしました!

ボーはしばらくの間、アンディの妹のモリーの
おもちゃとして過ごしていたのだけど、
別の人に譲られてからアンティークの
お店に移されたんですね

2、3年はお店の中にいたんだけど
ホコリにまみれるだけのつまらない生活に
飽き飽きして、そのお店を飛び出したボー

誰のものになるわけでもなく自由気まま
過ごしていた、という

ボーが登場しなくなった理由はちゃんと
設定としてあったのね

ウッディやバズと違ってボーは陶器で出来た
デリケートなおもちゃだから扱いにくくて
物語のネタ作りがしにくくなるから
フェードアウトさせられたと思ってました

ごめんね、ボー

他のおもちゃたちみたく
『自分が誰の物なのか』という考えに
とらわれず、それよりも自由に動けると
世界の広さを知れるのよ!

なんて言ってました

そうだなぁ・・・

こちらの現実世界でいうと
結婚にとらわれず独身を貫き
人生を謳歌している女性かな ww

ボーはずっとロングスカートのイメージ
だったけど、トイ・ストーリー4では
パンツスタイルでキビキビ動いてますからね^^

トイ・ストーリー4思わず笑っちゃったポイント

大人も大好きトイ・ストーリー

思わず笑っちゃうポイントが
トイ・ストーリー4でもあります!

まず、新キャラのダッキー&バニー

二人の漫才みたいなやり取りが
本当にウケるのですが、
吹き替えがお笑いコンビの
チョコプラさんなので余計に笑える!!

あとコレ

デューク・カブーン

華麗なバイクスタントが誇張されすぎた
CMのせいで持ち主から嫌われてしまう
というトラウマあり

その回想シーンが彼には悪いが
とっても笑える!!

ちなみに字幕版の声優はマトリックスで
おなじみのキアヌ・リーブス!!

他にも、バズがおもちゃであることを
まだ忘れてないな~っていう見た目に
似合わず夢見る夢男な発言にもニヤニヤ

「内なる声」 ね!!ww

スポンサーリンク

ネタバレ注意!トイ・ストーリー4衝撃の結末はコレ!

監督や脚本家、声優たちなど
その映画に関わった人だから
「今作がイチバンの出来!」
と言われてもなんだか信用できない

そりゃ、
「う~ん、前作の方が面白いかな」
なんて言うはずがないですからね

ただ、ウッディの吹き替えの唐沢寿明さんが

「今までのシリーズを観続けている人には
特に刺さる内容」

というようなことを仰っていて、
これは観るしかない!と思いました

そして、映画のラスト・・・

ヒヤヒヤする冒険を終えたおもちゃたちが
ボニーのもとへ帰るとき、、、

ウッディは仲間から離れてボニーに
ついて行く道を選択

今までのラストは無事にアンディの元に
戻れるのかドキドキさせられて、
なんだかんだでいつも必ず戻ってたのに

自ら仲間と離れる選択をするなんて(‘_’)

確かに、ボニーはもうウッディのことは
クローゼットに置きっぱなしにするくらい
他のおもちゃに夢中でした

それもボニーの成長した証として
理解していたウッディ

そんな折、持ち主から離れて
自由に過ごしているボーと再会して
ウッディも決心したんだろうな~と推測

みんなと離れるウッディをスクリーンで
観ながら、今までのシリーズが走馬灯のように
ワタシの頭を駆け巡り、、、
涙が溢れて止まらない

えっ、ワタシなんでこんなに泣いている!?

映画館を出ても、思い出すと泣けてくるので
必死に我慢していました ww

こんなに泣いた大人、他にいるのでしょうか!?
ちょっと恥ずかしかった・・・

トイ・ストーリーをずっと観てきたワタシには
受け入れがたい結末

唐沢寿明さんの言葉の意味が分かりました

さいごに

とにかくボー・ピープがカッコよかった!

きっとウッディはボーに怒られながら
尻に敷かれて過ごしてるんだろうな~ってww

ほんと、この映画を見ている間は
日常の嫌なことを忘れるくらい夢中でした

子供向けの映画
だなんて侮るなかれ!!

最後まで読んでいただき
ありがとうございました♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする