小出恵介の謝罪会見がいつか知りたい!刑事事件になる可能性はあるのか!

連日ワイドショーで報道されてますね。

小出恵介さんのスキャンダルネタ!!

この手のニュースにあるあるな、
後からチョイチョイ出てくる小ネタ。

当事件も例外ではありません・・・

そんな中、小出恵介さんは謝罪会見を
開く予定なんだそうですね~。

一体何を語るのでしょうかね。

スポンサーリンク

小出恵介が近日中に謝罪会見!

もともとは、この事件が発覚した日の翌日には
会見を開く予定があったんですね。

しかし、延期となってしまいました。

それは小出恵介さんがビビッていたからでは
ありません。

相手の女子高生が会見前に予定していた
話し合いをドタキャンしたようです。

ん~、確かにその状況じゃあ会見したところで

「わかりません」
「覚えていません」
連発のモヤモヤ会見にしかならないですね。

しかし、小出恵介本人や所属事務所側としても
早めに会見を開きたいところです。

早ければ今週中にも行われると言われていますね!

今月の25日には株主総会が開かれるという事で、
遅くてもこの日までには会見が開かれることでしょう!

刑事事件へ発展の可能性はあるのか!

女子高生の話によると、ホテルでの出来事は
互いの合意の上ではなく無理矢理だった
主張していますね。

今回のスキャンダルが刑事事件に発展したら、
小出恵介さんは前科者になってしまいます。

考えられる刑罰としては、女子高生側の主張が
正しければ強姦罪となる可能性があります。

この場合3年以上20年以下の懲役です。

響きがなんとも重たいですね。

また今回の事件が起きた大阪で制定されている
『青少年健全育成条例』に抵触となると、
2年以下の懲役or100万円以下の罰金です。

いずれにしても、大人として責任を取るなら
絶対に逃げられませんからね!

しっかり受け止めるほかないですね。

しかし、今回の事件には実は黒幕の存在が
いるとも言われいるのです。

そうなったら小出恵介さんが罠に陥れられた!
っていうパターンもありますよね。

ハニートラップってやつですか??

スポンサーリンク

黒幕によるハニートラップ!?

まず、知って頂きたいのが松村健司という男です。

別名をセラミックおじさん、セラミック松村といいます。

ビジュアル、かなり派手です!!

黒く焼けた肌に、カラーコンタクト、
そして白すぎる歯!

キラリと光るセラミックの歯から
その愛称が付いたのだと思います。

小出恵介さんが女子高生とお酒を飲んだ
その席にセラミック松村も同席していました。

フライデーに掲載された写真にも、
しっかりその不自然な歯を出して微笑む
姿が写っています。

目隠しが入っていてもわかります!ww

今回の事件で女子高生を呼んだのは、
このセラミック松村だという噂ですよ!

小出恵介をハメて最終的に示談金を支払わせ、
大金を得る計画だったと言われています。

女子高生から小出恵介さんに500万円の
支払い要求があったという報道もありましたよね。

セラミック松村は過去に高利貸し、
いわゆる闇金で逮捕されたことがあります。

お金がらみでの逮捕歴、強烈なルックス、
小出恵介さんをハメた張本人と言われても違和感を
感じないのは私だけでしょうか。

しかし、小出恵介さんのしたことはテレビに出る俳優として、
社会人として、男として絶対にしてはいけない事ですし
そういった自覚が無いと言われても仕方ありません。

もしハニートラップだったなら、事件の印象は少し
変わりますが、小出恵介さんがしたことに変わりは無く、
復帰しやすくなるかと言えばそうではないですよね。

会見で何が語られるのか、気になるところです!!

まとめ

17歳の女子高生は今、入院しているようです。

これじゃ、ますます話し合いどころではないですね。

この入院情報は女子高生の母親のFacebookで
投稿されたものみたいですが、乗っ取りではなく
本当だったとしたら呑気な母親だなぁって思います。

小出恵介さんの復帰について街の人々の意見というのを
今朝のテレビで見ました。

多くの人が反対していましたが、特に男性陣は
「自分が同じことをしたら即刻クビです」
「芸能界だから活動休止で済んでいる」
という意見がありましたね。

ごもっともな意見です。

逆に若い女性で「復帰してほしい!」と
熱望している人もいましたね。

理由は「イケメンだから!」って・・・
カッコイイから何をしても良いというワケでは
ないのですがね~。

何はともあれ、小出恵介さんの口から何が
語られるのか注目していたいですね。

そしてセラミック松村さんが関わっているのか
教えてほしいです。

最後まで読んで頂き有難うございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする