安田顕の愛娘も慶應中等部に入学!芦田愛菜ちゃんと同級生!

マルマル♪モリモリ♪と歌いながら
踊っていたのも6年前のことです。

芦田愛菜ちゃんが難関中学の受験に合格し、
春から慶應義塾中等部に進学したという
ニュースには驚きましたよね。

でも同じくらい驚いて嬉しいと思ったのが、
TEAM NACSでおなじみ安田顕さんの娘
同じ中学に進学し、芦田愛菜ちゃんと
同級生になったというニュースでした。

何を隠そう安田顕さんと同郷の私は、
昔から大泉洋さんらと出演していた
ローカル番組をよく見ていたものです。

そのうちその知名度が全国区となって、
気づけは数々のドラマや映画に出演する
素晴らしい俳優さんになっておられました。

そんな安田顕…いやヤスケンさんと呼ばせて
頂きますが、中学生の子供がいた事にビックリ!

そして娘さんの意志の強さにもビックリです!

スポンサーリンク

安田顕の子供は秀才!東京のパパを追って難関中学校に入学!

ヤスケンさんは「カメレオン俳優」と呼ばれるほど、
映画、ドラマ、舞台ではいろんなキャラの役を
見事に演じ分ける実力派俳優さんなのです!

でもゴメンナサイ!
私の中ではヘンタイというイメージが強いのです。

ヘンタイエピソードをここで挙げる事は出来ませんが、
テレビで放送されることなくお蔵入りとなったものが
いくつかある、という事まではお知らせしておきます。

やっぱり色々な役を演じ切る能力があるということは
それなりに頭がキレるのだと思います。

娘さんはきっとその頭の良さをパパであるヤスケンさんから
受け継いでいるのでしょうね!

ヤスケンさん現在は家族と離れ、いわゆる単身赴任生活
東京でしています。

多忙のため北海道に帰ることが出来るのは月に1度程度
なのだそうですね。

周囲も認める愛妻家で娘さんのことも溺愛しているという
ヤスケンさんですが奥様とは2002年に8年間の交際を経て
結婚し、2年後の2004年に娘さんが誕生しました。

そんなヤスケンさんが家族と離れて暮らすというのは
さぞ寂しい事だったと想像します。

娘さんが地元を離れて東京の中学を受験する背景には
家族で一緒に暮らしたいという強い希望だったのでしょうか。

娘さんには仲のいい友達もいるでしょうし
中学生にもなれば親より友達を優先する気もしますが、
安田親子の場合は常にお互いが離れている分、
互いを想う気持ちが特別強いのかもしれないですね。

「お父さんヤダ~」なんていう女子とは
かけ離れた娘さんですね。

なんて素晴らしいんでしょう!!

そして、見事に慶應義塾中等部に合格したことで
東京で家族みんなが一緒に暮らすことが出来るんですね!

どんだけ難関なの!?驚くべき倍率の高さ!

慶應義塾中等部…

まぁ、けいおうって偏差値の高い学校
なんだろうなぁという位は想像出来ますけども。

どれだけスゴイのかというと、
偏差値で言えば女子は70を優に超えます

中等部の定員は男子が140名女子が50名程度
ということで女子は男子よりずいぶん少ないんですね。

これだけの狭き門ですので、受験の倍率もかなり高い!

芦田愛菜ちゃんやヤスケンさんの娘さんが受験した時は
女子の倍率は8.4倍でした。

50人ってホント少ないですね~。

この50人の中に入るために多くの小学生は
4年生頃から受験の準備を始めるのだそうです。

ヤスケンさんの娘さんも合格を目指して
早い段階で塾に通ったりして合格に向けて
ビッシリ勉強をしてきたのでしょうね。

ちなみに芦田愛菜ちゃんは小学校高学年あたりから
芸能活動をセーブし本格的に受験準備を始めたのが
小6からなんだそうですね。

有名予備校に通って1日12時間勉強していたとも
言われていますが、これは本人の努力はもちろん
親御さんのサポートも相当大きかったと思いますね。

スポンサーリンク

北海道からでも受験出来るの?意外な受験資格

ふと思ったんです。

東京都に住民票が無いと受験できないとか
そんな規定はないのかな~って。

そこで、受験資格を見てみたところ、
特別な条件は定められていなくて、
日本在住の中学入学を控えている年齢の子なら
誰でも受験は可能ということでした。

しかし、保護者は東京かその付近に居住がないと
いけないのでここで引っかかる人はいるかも
しれませんね。

東京にはヤスケンさんの住んでいる所が
ありますので、受験資格はクリアしていましたね。

ヤスケンさんの家があるなら、難関中学を
受験せずとも単純に家族が東京に引っ越して
娘さんは都内の公立中学に進学ということで
家族一緒に生活を始めるという事も出来ましたよね。

これについては安田家のみぞ知る事情ではありますが、
きっともともと優秀な娘さんなのでしょう。

小学校の早い段階で中学受験することを決めていて、
且つ家族一緒の生活を夢見て東京の中学校を受験
したのかもしれないですよね。

なんだか映画化できそうな話じゃないですか!?

おわりに

我が家も今春からピカピカ新一年生が
おりますけども、まぁ勉強を子供に教える
というのは根気が要りますし簡単ではないですね!

この身を持って実感しています。

でも出来るだけ子供させたいと考えているのは
読書です。

芦田愛菜ちゃんも相当数を読む読書家ですよね。

友達とも遊ばず何十冊も読み漁る、
まではしなくもいいですが本には
たくさん触れ合ってほしいなぁと思いますね。

ヤスケンさん、奥様、そして芦田愛菜ちゃんの
ご両親は一体どんな方法で子供の勉強を
促したのか是非お聞きしたいです。

きっとガミガミ「勉強しなさーい!!」とは
言ってないんだろうなぁって思いますよね。

最後まで読んで頂き有難うございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする