サバ缶を食べるとどんな効果がある?生のタマネギと一緒に美味しく食べる方法!

こんにちわ~♪

度々テレビで特集されますね。

サバの缶詰、略してサバ缶がもたらす効果が
スンバラシイ件。

個人的にワタシはサバが大好き!

寿司もしめサバが大好き!

焼いた塩サバ最高ー!

大好きなサバで健康になれるなら、
是非とも食したい!!

そんでテレビで見た、
簡単サバ缶レシピが、、、

サバの水煮缶にみじん切りの
玉ねぎを乗せて、マヨネーズを
グルグルと・・・

あぁ~

ワタシ、生の玉ねぎ嫌いですねん。

口の中に辛みが残るし、
玉ねぎは加熱してないと食べたくない!

どうにか克服する方法はあるんでしょか。

調べてみる!!

スポンサーリンク

サバ缶を食べてEPAとDHAをゲットすべし!

ではまず、サバ缶を食べるとどんな嬉しい
効果があるのかですな。

サバにはEPA・DHA が豊富に含まれているんですって。

これらは体内で作られないので、
食べ物から摂取するしか方法がありません。

EPAやDHAはサバ以外にもアジなどの
青魚に多く含まれているんですね。

そして同じサバでも、焼きサバ、サバの味噌煮と
調理方法はいろいろありますが。
水煮缶が一番効率よくEPA・DHAを摂取できます

なにせ、サバ缶は缶詰にされてから加熱処理がされるので
栄養がギュッと詰まっているわけです。

それに缶詰は安価で手に入るし、
ふたを開けたらすぐに食べられちゃいます^^

ですからサバ缶を食べるときは、汁も残さずに
いただきましょう

これ、忘れちゃいけないポイント!

サバ缶を食べて健康体になろう!ダイエットにも効果アリ!

効果その1 血液をサラサラにして病気予防!

血液がドロドロしていると心筋梗塞や動脈硬化を
引き起こす可能性が高くなってしまいます。

DHAは血液をサラサラにしてくれます!

そしてEPAは血管を柔らくしてくれて、
スムーズに血液が流れる助けになります。

効果その2 ダイエットにも効果アリ!

EPA・DHAは中性脂肪やコレステロール値を
下げる効果があります。

でも、食べるだけではなく
運動と組み合わせることが重要です!

やはりダイエットには運動が
欠かせませんな。

食べるだけで痩せようと思っちゃいかんです。

効果その3 頭がよくなる!?

脳の中で記憶をつかさどると言われている海馬

ここにはDHAが含まれていて、
DHAを摂取することで海馬へ栄養や酸素を
運んでくれます

これもサバ缶を食べたらテストで100点取れる!
というワケではなく!!

やはり学習は必須であります!!ww

学校での勉強が頭に入るように、
サバ缶を食べようね~

と朝食に出すとgoodなのではないかな^^

スポンサーリンク

生の玉ねぎはキライ!食べやすくする方法!

そんでもってテレビで紹介されていた
サバ缶の食べ方。

サバ缶(水煮缶)+マヨネーズ+玉ねぎ〈生)

これで内臓脂肪を減らしてダイエットが
できるよ!

というものだったのですが・・・

生の玉ねぎ大っ嫌いやん!!

えーもー、例えばサラダにスライスしたのが
入っているのもイヤ。

玉ねぎは嫌いじゃないけど、
生のあなたは嫌いなの。

生だと食べた後、口の中に残るよね??
なんか辛み成分なんかわからんけど。

だけども、その生の玉ねぎのイヤな感じを
抑えつつ食感も良くしてくれる裏ワザがあるって!

玉ねぎはあらいみじん切りにしたら、
うすい酢水に漬けましょう!!

これで辛みが抑えられるんだとか!!

ホントかな~(-_-)

でも、やってみる。。。

美味かったらこの下に感想をつづります↓↓

さいごに

冒頭でも触れましたとおり、
ワタシはサバが大好きなんですね。

スーパーに行けばサバ缶もよく買うのですが、

健康になりたいから!とか
ダイエットしたいから!

っていう気持ちでサバ缶を買ったことはないのです。

なので、スーパーの缶詰コーナーで
サバ缶がごっそり減っているのを見ると、
あぁ、またテレビで特集されてたのね、

なんて思うわけです。

何が悲しいって、安売りされないこと!

ワタシ知ってますのよ。
このサバ缶、安売りの時は100円で売ってること。

テレビで特集されたもんだから、
今は需要アリアリ~~!って
あたかも特売品かのように値札を
赤太字にしてるし~~!!

ってことで、スーパーでの底値が
頭に入っているワタシはよっぽどのことが
ない限り、底値以上では買わないという
ケチなのであります。

ウフ( *´艸`)

でも、久しぶりにサバ缶食べた~い!

この先、安売りする気配がなければ
買い物かごに入れちゃうと思います。

結局(#^.^#)

最後まで読んで頂き、
ありがとうございました(^^♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする